MetaSystems について

MetaSystems は、 1986 年より顕微鏡自動イメージングシステムの設計および製造に携わってきました。MetaSystems の創立以来、エンドユーザ様との親密な関係は、企業理念の重要な要素として位置づけられてきました。そしてその後30年間、この方針は実に成功をもたらす方策であったことが示されました。MetaSystems はそのささやかな創設より大手ソリューション・プロバイダーへと成長を果たしましたが、今でも従業員がオーナーであり、革新志向なその生い立ちに強く根付いた姿勢は保たれてきました。

MetaSystems はスポンサーや外部投資家に頼ることなく、常に自立した存在を維持してきたことを誇りに思っています。その結果、弊社の歴史は他に類のない継続性を保つものとなりました。弊社の製品は常に進歩の対象となり、弊社のお客様は、たとえ当社創立間もない頃の初期に設置された製品であっても、当社が継続的に提供しているバージョンアップによりメリットを得ています。

7,200 台を超える MetaSystems 機器* が、92カ国以上の 2,000 箇所を越える検査機関において、お客様のワークフローを最適化するために用いられています。弊社のグローバルな存在は、ドイツ国外に複数の関連会社を持つ、 MetaSystems の数多くのビジネスパートナーが、それぞれの地域において提供している弊社のお客様へのサポートのおかげです。

* 最新情報は2016年5月時点のものです。

沿革

MetaSystems はドイツのハイデルベルグ大学の物理試験所から分離独立して生まれました。1986年、メタフェーズの検出システムである Metafer スライド走査プラットフォームを当社初の製品として提供開始。カリオスタイプシステムである Ikaros, も 1991 年に提供開始。この製品は、より幅広い市場に対応するものだったため、MetaSystems は自動イメージング ソリューションを提供する企業として飛躍的な成長を遂げました。また 1991 年には、Isis FISH イメージング システムの販売が開始され、その後 telomere analysis(1993年)および comparative genomic hybridization analysis(1994年)のソフトウェアのバージョンアップにより補完されました。

1997 年の初めに、MetaSystems は当社初の フィルタベースの 24 カラー FISH (mFISH) 解析用商用ソフトウェアを世に出しました。その後まもなく DNA プローブキット部門が設立されました。1998 年3月には、独自の高解像度マルチカラー バンディング (mBAND) 技術の提供を開始しました。

自動細胞検査の需要が高まるとともに、メタフェーズ検出器である Metafer も、より汎用的なスライド走査プラットフォームへと発展していったのでした。核内の FISH 信号を解析するシステムの提供開始(2000年)により、 Metafer にとって二番目に重要なソフトウェアが開発されました。ソフトウェアはスポット カウンタとして提供開始されたものの、今日では複数パラメータ細胞特徴解析システムへと成長を遂げています。それ以降、Metafer はスライド走査プラットフォームとして知られるようになったのでした。

そして Metafer ファミリーの第3のメンバーとして、希少細胞検出システムが追加されました。新世紀の初頭には、スライドフィーダーや自動イメージング用ソフトウェア(両方とも2002年)を含む、イメージングの自動化によりワークフローを強化する製品がいくつか追加されました。

2009 ~ 2010 年には、MetaSystems は自動スライド走査で蓄積されたノウハウを活用して新たな市場へ参入することを決意し、自動擬似スライド イメージング用システムの販売を開始しました。Metafer スライド走査プラットフォームをベースとして、このシステムは、本装置の特徴となっている柔軟性とパフォーマンスを提供します。

そうした中、MetaSystems はそのプローブキット ポートフォリオを拡大し、染色体ペイントキット(XCP)すべてを網羅し、マウスとラットを mFISH キット(21XMouse および22XRat)その他多くを追加しました。2009 年の初め、 MetaSystems は新たな血液学用遺伝子座特異
プローブキット製品群(XL)の提供を開始しました。

過去数年間に、MetaSystems ポートフォリオならびに会社そのものも、いくつかの大規模な変更により改善や多様化を経ています。プローブの需要が増加し続ける中、プローブ事業を全て受け持つ関連企業である MetaSystems Probes が設立されました(2015/2016年度)。

当社における最新のプロジェクトは、新たなケース・患者データシステムである Neon の開発ですが、これにより既存の MetaSystems イメージング装置の全てが強化されることになります。Neon は2016年後半に提供開始となります。

MetaSystems GmbH(ドイツ)
MetaSystems Group Inc.(米国)
MetaSystems Asia. Co. Ltd.(香港)

現在の MetaSystems

生物医学分野におけるイメージングに優れたスキルを持つ人々により創立され、経営されている MetaSystems は、その30年間に及ぶイメージング解析や自動顕微鏡検査、ハードウェアおよびソフトウェア技術における経験を基盤としています。MetaSystems は、幅広く活用されている革新的な製品ポートフォリオを確立させたことを誇りに感じています。しかし、弊社にとって不可欠で重要な事業活動の成果は、ヒューマン アプローチによるグローバル ビジネス戦略の導入でした。この独自の姿勢は、「MetaSystems 精神」と呼ばれるもので、最高の製品品質と顧客満足度を達成する上で重要な手がかりとなったのでした。

MetaSystems は、グローバル企業はそのビジネスパートナー、ユーザ、顧客との共同体を育て、協調的で友好的な環境を築く必要があると信じています。そのため、顧客サービス、世界中の MetaSystemsのエキスパートの訓練、率直なコミュニケーションは、 MetaSystems の理念の中心的な部分となっています。この姿勢を維持してきた結果、世界中の弊社のビジネスパートナーは、自身を MetaSystems ファミリーの一員と考えているのです。

そして現在、ヨーロッパのほとんどの国のお客様には、ドイツのハイデルベルグ近郊にある MetaSystems headquarters から直接サポートを提供しています。北米のマーケットは、ボストンにある米国の支社(MetaSystems Group Inc.)がカバーしています。2004 年、 MetaSystems は、中国の香港に MetaSystems Asia Co. Ltd という名の支社を設立しました。MetaSystems Asia は、極東・南太平洋地域に技術・営業サポートを提供しています。​

MetaSystems India Pvt. Ltd. は、2012年5月、きわめて重要な市場であるインドにおいて、より良質なサービスを提供するために設立されました。2014年5月、 MetaSystems は、イタリアのミラノにイタリア支社 MetaSystems S.r.l. (MetaSystems Italy)を設立しました。他の多くの国においても、MetaSystems はそれぞれの地域のお客様に、強力な専用パートナーを通してサポートをご提供していることを誇りに思っています。弊社の世界中のパートナー企業についてさらに知るにはcontact pageにアクセスしてください。