毒物学および放射線生物学

  • 毒物学
  • 生物学的線量評価法
  • 環境変異原性
  • 突然変異研究

MetaSystems では、Neon Metafer スライド走査プラットフォームを土台に、毒物学、放射線生物学的線量評価法、そして突然変異研究のための、イメージング自動化アプリケーションを含む無比のポートフォリオを提供しています。Metafer は用量・反応解析に最適なツールです。生物学的線量評価法における結果を即時、非常に素早く生成し、前臨床遺伝子毒性研究のGLP基準にも適合、環境変異原性試験における少量の効果でも検出できる感度をもつもので、どのような突然異変試験所での研究にも採用できる柔軟性の高いシステムです。

異常試験

二動原体染色体並びにその他の染色体異常の算定は、一般的に、放射線生物学的線量評価法における「最も信頼できる基準」とされています。このアッセイは放射線事故、ならびに毒物学研究において最良の用量推定値を提供することが証明されてはいるものの、一般的に多くの時間を要し、労働集約的な作業となっています。Metafer は、その専用ツールならびに自動化された二動原体スコアリング ソフトウェアにより、研究者の皆様を面倒かつ誤りが起きやすい全てのタスクから解放します。さらに、全文書化された信頼性の高い結果を最短時間で生成するための完全な作業環境を提供し、当然ながら GLP 基準ならびOECDガイドライン#473(哺乳類培養細胞を用いる染色体異常試験)にも準拠するものです。

アシスタントが必要ですか?

小核試験

哺乳類細胞小核試験(IN VITRO小核)ならびに哺乳類赤血球小核試験(IN VIVO小核)、共にDNA 損傷の定量化に用いられる、高速で正確なツールです。Metafer はこれら両方の試験を完全自動化し、高い信頼性、高速処理、そして完全な文書化を提供します。インビトロ MN 試験のユーザは、ほんの数分で結果を取得することができます。検出された各二核細胞は、その小核数とあわせてギャラリーの画像として表示されます。単核、二核、ならびに多核細胞の数は記録され、CBPI の計算に使用することもできます。

White Paper: Obtaining CBPI in Micronucleus Tests, (87.8kB)

Metafer は、インビボ MN 試験において、各細胞を自動的にそれぞれの亜集団に割り当てます(PCE または NCE)。この割り当ては細胞の染色に実施されるものであり、様々な染色条件に自動的に順応する頑強性があります。小核はそれぞれの個体群単位でカウントされ、ヒストグラムとして個別に表示されます。

これらの試験は両方とも GLP に準拠しており、各 OECD 指針にも従っています(インビトロ MN 試験については #487、インビボ MN 試験については #474)。結果は包括的でカスタマイズされた Neon レポートとして概要を得ることも、またすべての外部統計ソフトウェア パッケージに直接エクスポートすることもできます。

White Paper: IVMN, (2.2MB)

アシスタントが必要ですか?

コメットアッセイ

単細胞ゲル電気泳動法(SCGE)とも呼ばれるコメットアッセイは、 個々の細胞におけるDNA の損傷および修復を検出します。コメットアッセイの最大のメリットの一つは、細胞単位での損傷を直接評価できることです。しかしながら、このアッセイはその感度の高さにより、様々な要因が再現性に影響を与えやすいという脆弱性があります。

MetaSystems 装置のユーザは、コメットアッセイの解析部分を完全に標準化することができます。MetaSystems では、Metafer プラットフォームをベースとするインタラクティブなワークステーション、ならびに自動スライド走査システムを提供しています。どちらのシステムも高度なアルゴリズムを用いてヘッド&テール強度、長さ、ならびに背景条件を取得し、テールモーメント&オリーブテールモーメント等を自動的に計算します。自動化システムは完全無人で解析し、正常細胞とコメットとを区別することができます。各細胞はそれぞれ画像として文書化され、顕微鏡画像で再配置することもできます。データは便利なレポート、画面上の図式として表示され、ギャラリー画像には数値が割り当てられます。

アシスタントが必要ですか?

FOCI解析

(γ-H2AX としても知られている)リン酸化 H2AXは、DNA 二重鎖切断のマーカーです。蛍光ラベリングされた γ-H2AX 淡白質クラスターは、顕微鏡で検出することができるため、DNA 損傷および修復用の非常に直接的なマーカーとして利用されています。 Metafer は目標の細胞核を発見し、複数の焦点面において、最大12色のカラー チャンネルにより信号を取得し、自動的に解析します。様々なチャンネルからの信号の共局在、融合信号の解析、および強度測定が可能です。

アシスタントが必要ですか?

エームズ II ならびにエームズ MPF アッセイ

エームズ II / エームズ MPF 試験(スイス・バーゼル市の Xenometrix AG 社の方式に基づくもの)は、化合物が突然変異を起こしたり毒性を持ったりする可能性の解析に広く活用されているものです。この試験はアミノ酸のヒスチジンの合成に伴う遺伝子の DNA 変異を起こしているバクテリアを利用しています。エームズ II およびエームズ MPF アッセイはオリジナルのエームズ試験の近代版であり、寒天平板培地の代わりに液体培養を使用するものです。このアッセイは 384-ウェル マイクロタイタープレートを使って実施され、その比色解析結果は Metafer が自動的に解析します。ウェルはそれぞれ、正または負として解釈されるため、曖昧な結果が得られた場合にはユーザが自動スコアの調整をできるようになっています。結果の印刷出力には各ウェルのカラー画像が含まれ、384 ウェル・マイクロプレートの全体図が生成されます

アシスタントが必要ですか?

Downloads